BLOG

転倒骨折について、お客様の声をご紹介します!

大腿骨頸部を骨折しちゃった!

鎌倉市住在 女性57歳

2018年の4月、家のベランダで滑り大腿骨剄部骨折をしました。骨の接合術で、プレートをいれる再生手術をしました。当時は56歳という若さの為、30年後(86歳)の手術は危険性があると考え非常に難しい手術をしました。
今は歩けてはいます。入院は3ヶ月半、リハビリに励み、やっと歩けるようになりました。(杖が必要ですが・・・)
最近では、車での外出や近所を歩いたりできるようになりましたが、以前と違って、デコボコ道や段差のあるところ、そして子供たちが多くいるところは
又、転ぶんじゃないかと怖くてトラウマになっています。室内では、手すりやなど設置しましたが、恐怖心は消えません。

骨折ケア製品を探しています。

実は、転んで大腿骨剄部骨折をする前に粉瘤手術をしていました。皮膚をくり抜いたところを転んで骨折しました。
粉瘤手術では、皮膚がへこんでいるため傷口を守るために長めのソフトガードルを履いています。

ピーチパンツ製品はネットで知りました。もう少し詳しく教えて!

・お勧め製品『ピーチアイパンツ』について

傷口を守るため、長めのピーチアイパンツをお勧めします。伸縮が大きく、3分丈パンツなので大腿部の傷口はケアできると思います
また、日常生活での活動範囲も多いのではないでしょうか、ソフトプロテクターは違和感も少なくをおすすめです。

ヒッププロテクター ヒッププロテクター

サイズもS~Lと揃っています。ご自分にあったものをお選びください。
製品については、ホームページの動画でご確認できます。
商品は、デパートにも展示販売しています。

外出するときの恐怖心もパンツを履いていることで心の安心感にもつながります

“ピーチアイパンツ” 着けています。

第一声!

嬉しくて電話をしようと思っていました。
先日、ピーチアイパンツを付けて主人と車で旅行にいきました。去年、転んで骨折して1年経過しても未だに恐怖心があり、主人からの温泉への誘いがありましたは悩んでいました。ピーチアイを購入して旅行に行ってきました。
おかげでシートベルトを付けても違和感もなく(大腿部の保護があり)安心して車に乗れました。ありがとうございました。
この製品を買って、とても良かったです!

❤手術したところが守られている安心感があります。
❤外を歩くことも不安でいっぱいでしたが製品をつけていることで恐怖心は減りました。
❤お腹まですっぽり包み込んでくれて、三部丈が安心位置となっている。

今はもったいないので外出時のみ着用していますが、室内用も欲しいと考えています。
時期を見て購入したいと思っています。

 

 

 

 

70歳準備室

人はみな、歳を重ねていきま す。70歳になるとどのような変 化が起きるのでしょうか?変 化を憂うのではなく、変化に適 応していくために知っておきた いことをまとめています。

詳しく見る

大腿部頚部骨折について

転倒骨折の中でもやっかいな のが、大腿部警部骨折です。 高齢者の骨折の場合、約1割 は「大腿部頚部骨折」になりま す。寝たきりの原因ともいわれ る骨折についての予防と治療 の知識をまとめています。

詳しく見る